設定画面公開中|ロードバランサーで低価格・高性能製品【LoadMaster】
1分で登録できるWEBサーバのロードバランシング設定

Virtual Addressを登録して、クライアントからのアクセスをそのVirtual Addressにした場合、登録したReal Serverにロードバランシングするように設定を行います



STEP1 Virtual Services の作成

まずは、クライアントがアクセスするVirtualのIPアドレスを設定します。

① 左側の 「Virtual Services」 の 「Add New」 をクリックしてください。


② 「Virtual Address」 と 「Service Name (Optional)」 にそれぞれ追加し、「Add this Virtual Service」をクリックします。


STEP2 バランシングするWEBサーバの登録

次にバランシングさせる対象のWEBサーバを登録します。

① 「Add New」 ボタンをクリックします


② 「Real Server Address」 にWEBサーバのIPアドレスを入力します。
③ 「Add This Real Server」 をクリックします。
※ ロードバランシングする RealServer の台数分行います。


SSL設定も簡単かつ詳細に可能!!

SSL証明書の管理もしやすくCipher設定も詳細に行うことが可能です。

ロードバランサー:LoadMasterの紹介
ロードバランサー:LoadMasterの機能について動画でご紹介しています。

VMware Horizon with Viewと LoadMasterを組み合わせることで最適なデスクトップ仮想化(VDI)環境を実現
ロードバランサー:LoadMasterのWEBサポート
ロードバランサー:LoadMasterの設定画面
評価版ダウンロード
ビジネスパートナー
ビジネスパートナー
メールマガジン
Pマーク