LoadMasterの特徴
  • 低価格の秘密
  • 設計~導入までワンストップで対応
  • 販売パートナー募集中
最新情報一覧
ロードマスターとは
LoadMasterはクライアントからのアクセスを一元的に管理し、内部ネットワークに存在する複数の
サーバへとアクセスを分散させる低価格、高機能、高性能なロードバランサーです。
他のメーカー製品と比較しても仕組みや構成、設定も容易な上、
冗長化構成(HA構成)やSSLアクセラレーション機能、L4/L7負荷分散、セッション維持機能を実現します。
仮想化にも対応し、ソフトウェアのVirtual LoadMasterもご用意しています。

また、ロードバランサー:LoadMasterを導入するメリットは単に負荷分散だけではありません。
老朽化したサーバのリプレイス時や、セキュリティパッチ適応のメンテナンス時にも
システムやサービスを提供し続けることを可能とします。

BCP対策が重要とされる現代では、可用性を飛躍的に向上させる
ロードバランサーに注目が集まっています。
低価格ながらも高機能・高性能なロードバランサー:LoadMasterをおすすめします!

ロードバランサー:LoadMasterの詳細はこちら
ロードバランサー:LoadMasterのメニューバー
リンクアット・ジャパンが提供するロードバランサー【LoadMaster】について説明します。
コストパフォーマンスの高い理由
コストパフォーマンスの高い理由
ロードバランサー業界最高峰のコストパフォーマンス【LoadMaster】その秘密は?
詳細を見る

他社製品との比較
他社製品との比較
LoadMasterを価格,性能,機能の視点から他社ロードバランサーと徹底比較!
詳細を見る


導入のメリット
導入のメリット
ロードバランサー【LoadMaster】を導入するメリットについて分かりやすく解説。
詳細を見る

導入手順
導入手順
ロードバランサー【LoadMaster】導入時の不安を解消します!
詳細を見る


サポート内容
サポート内容
ロードバランサー【LoadMaster】にはお客様目線で厳選した、3つのサポートメニューをご用意!
詳細を見る

製品資料
製品資料
ロードバランサー【LoadMaster】のマニュアルやリリースノートをダウンロード!

詳細を見る

ロードバランサー:LoadMasterの紹介
ロードバランサー:LoadMasterの機能について動画でご紹介しています。

VMware Horizon with Viewと LoadMasterを組み合わせることで最適なデスクトップ仮想化(VDI)環境を実現
ロードバランサー:LoadMasterのWEBサポート
ロードバランサー:LoadMasterの設定画面
評価版ダウンロード
ビジネスパートナー
ビジネスパートナー
メールマガジン
Pマーク

ロードバランサー:LoadMasterの製品ラインナップバー
高い耐障害性をもつ専用筐体。ネットワーク規模に応じて6つのロードバランサー【LoadMaster】をご紹介します。
LoadMasterシリーズ(アプライアンス製品)
リンクアット・ジャパンが提供するロードバランサー【LoadMaster】シリーズ(アプライアンス製品)


Virtual LoadMasterシリーズ(ソフトウェア製品) ※1
仮想環境、クラウド基盤にも対応したロードバランサー【Virtual LoadMaster】をご紹介します。
対応OS:VMware,Hyper-V,Xen,KVM,VirtualBox
ディザスター・リカバリー
Webのディザスター・リカバリー【DR】でロードバランサー導入をご検討のお客様には、こちらのGEOLoadMasterがお奨めです。


※1
仮想ロードバランサー【Virtual LoadMaster】の必要リソース MEM:1GB HDD:512MB (Vmwareの場合)
※2
記載されている性能値は、以下の環境で実施した値となります。
実際のロードバランサー【LoadMaster】のパフォーマンスは、最大値の制限がなく、お客様の環境に応じて異なります。
CPU:Intel 5520 Xeon Processor MEM:2GB RAM
ハイパーバイザー:Vmware ESXi v4.0
※3
記載されている性能値は、最大値となります。
実際のロードバランサー【LoadMaster】のパフォーマンスは、プロセッサ、メモリ、ネットワーキングおよびシステム全体のアーキテクチャなど、ブレード設定によって異なります。